↓悩まずすぐに相談してください↓


離婚問題を解決したい方必見


Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/4   >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 離婚裁判の流れ >> 離婚裁判の流れ

離婚裁判の流れ

 離婚裁判の流れについて簡単に説明したいと思います。

まずはじめに、原告が離婚したい理由や原因を記載した
訴状を提出します。
この訴状の提出から離婚裁判が始まります。

次に被告が自己主張や考え・反論を記載した答弁書を
提出します。
その提出後に、裁判が開始されます。
約一ヶ月に一回のペースで裁判が行われ、おおむね一年で
判決がくだることになります。

離婚裁判では、二人がお互いに証拠を提出し、自論を主張します。
そして争点が絞られてから、原告や被告、証人に対する尋問が
入ります。

その裁判後、控訴や上告がない場合に、そのくだされた判決が確定し、
離婚が成立して裁判が終了となります。
ここで、控訴もしくは上告が入ると、離婚裁判は長期化します。
rikon17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:離婚裁判の流れ
Home >> 離婚裁判 流れ >> 離婚裁判 流れ

離婚裁判 流れ

 離婚裁判の流れがうまく行けば、1年程度で判決がくだされます。

しかし、双方の納得がとれず、長期化した場合には期間は延長されます。
そのため、離婚裁判を行う前に、それなりの覚悟をしておかなければいけません。

まず、離婚裁判では、双方の状況を見ます。いわゆる本人尋問などが行われ、
それによって判決がくだるのです。

裁判所が、離婚の原因や理由・争点を整理した上で、本人尋問が行われます。
証人尋問・本人尋問が終わると、裁判所から判決がくだされます。
結審後、約1か月後に裁判官が判決を下します。その判決書が双方に送付され、
離婚裁判が終了となります。

その後の控訴期間に何もなければ、判決が確定されます。
控訴が入ると、はじめに挙げたように、離婚裁判は長期化します。
rikon17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:離婚裁判 流れ
Home >> 離婚裁判 本人尋問 >> 離婚裁判 本人尋問

離婚裁判 本人尋問

 離婚裁判の流れとして、離婚の原因の争点がしぼられ、
それに続いて本人尋問が行われます。

本人尋問では、お互いの弁護士から交互に尋問されることになります。

例:自分の弁護士から自分に尋問、次に相手の弁護士から自分に尋問
 相手側も同じように尋問が繰り返されます。

尋問の内容は、結婚生活の内容や相手に対する想い、考えなどがあります。
被告との出会い・知り合った経緯から、結婚生活について聞かれ、
それに答えていきます。まず原告から尋問され、次に被告となります。

また、子供はいる場合は子供に関係する内容も含まれます。
その本人尋問によって、結果的な判決がくだされ、離婚が成立し、
離婚裁判が終了となります。

本人尋問で矛盾なく、どれほど自分に有利な発言が出来るか、
相手の考えなどが、離婚成立につながると考えられます。
rikon17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:離婚裁判 本人尋問

お気に入り

Entry

Link

離婚 ショッピング








Archives

Category

Search

ランキング

Add to Google
人気ブログランキングへ 恋愛・結婚 ブログランキング track feed 離婚裁判
  • SEOブログパーツ
seo great banner

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode